メディアスターズ

美容と健康でネットで話題になっている、気になる商品を紹介する、体験レビューや口コミを紹介していくネットメディア

生活全般コラム一覧

英文事務の求人企業が増えている!仕事内容と必要なスキルは?

2016/05/29

ここ数年で急激に求人数が伸びてきているのが、英文事務という仕事。

今ではほとんどの企業が海外に部署を持っている上に、今後は外資系企業の日本進出も盛んになって需要はますます増えていく業種ですね。

s-pic_g071

英文事務の仕事はパート採用も活発化しており、3大都市圏の時給は1300円前後と高値水準。求人を出す企業は外資系に限らず、海外と取引をする企業全般なので需要は今後も期待できます。スキルを求められる仕事だけに、事務職の中では高額な部類です。

仕事内容は事務仕事全般ということで、「英文作成やレターの作成、伝票の処理、海外取引先との英語での電話対応」が主な業務。時にはビジネスの英文を翻訳したりすることもあるので、企業によってはビジネス英語のスキルも求められます。

転職や派遣登録する際には、単に英語のスキルがある・会話ができるというだけでなく実際に英語を取り扱う企業での勤務経験は優遇されます。実績を積むことで大手の仕事につくこともできるチャンスがありますね。

基本的に事務で英語を使うようなところではパソコンを使った処理が一般的。英語だけでなく、オフィスソフト(ワード・エクセル・パワーポイント)なども使えないとダメでしょう。

TOEICの点数は700点以上が一つの目安となっているようです。

英文事務のやりがいと大変なこと

事務経験がある人は分かると思うのですが、事務って仕事の幅がものすごく広いです。企業によっても扱いは様々で、時には業務外の雑務をこなさないといけないことも。日本語で何とかなっていた仕事も、英語が絡んでくるとビジネスの場であるだけに苦労することも多いようです。

とはいえ日常業務のほとんどは英語がメインとなるので、取得した資格を活かしたい人や英語活かした仕事がしたい人にはやりがいのある仕事と言えます。

本人の能力次第では翻訳の仕事や通訳を求められるということも現実にあるようで、将来的に翻訳・通訳の仕事を目指している人のキャリアアップにも繋がります。そのまま正社員としてステップアップしていく人もいるので、力の発揮し甲斐ある仕事だとおもいますね。

まだまだ日本のグローバル化は過渡期にあるので、地方での仕事はこれから増えていくでしょう。

英語は話せるしできるけど、本格的な仕事はハードルが高いという人にチャレンジしてほしい仕事だと思いますね。

-生活全般コラム一覧
-,