メディアスターズ

美容と健康でネットで話題になっている、気になる商品を紹介する、体験レビューや口コミを紹介していくネットメディア

スキンケア

赤ちゃんの肌を襲う突然の湿疹対策にアロベビーミルクローション

赤ちゃんの顔、体にできる湿疹をまとめて乳児湿疹と言います。

これは体質関係なく、突然現れるもので、清潔さをキープし、保湿をして肌バリアを強化、赤ちゃんがかゆがってかきむしらないようにミトンをつけるという対策があります。

しかし乳児湿疹とは何故起こってしまうのでしょうか?

何故できる?乳児湿疹

乳児湿疹は赤ちゃんの体にできるものです。乾燥が原因で月齢が小さいほどに出来やすい湿疹という特徴があります。

ただ、アトピーと勘違いすることもありますから、湿疹があまりにも酷いというケースでは受診したほうが良いでしょう。

脂漏性湿疹と呼ばれるものもありますから、区別は難しいと思われます。生後3か月をすぎると乾燥による湿疹が増えると言われていますから、ちょうどその時期にあたるわ、というママは注意したほうが良いですね。

乳児湿疹にアロベビーミルクローションは効く?

アロベビーミルクローションはママの間でブームになっている話題のベビーローションですが、一体何がそうさせているのでしょうか?

まず、アロベビーミルクローションを使って、乳児湿疹がなくなった!という声があります。

アロベビーミルクローションは薬ではありません。薬物治療的なものをほどこしたわけでもないのに、アロベビーミルクローションを使い保湿しただけで湿疹が軽くなった、という声が大勢いるのです。

高保湿のミルクローションのお陰で肌バリア機能をアップし、湿疹を改善しているようです。乳児湿疹は放っておいてもそのまま完治してしまうものですが、悪化することもありますから、赤ちゃんにぽつぽつと赤いものが出始めたら、ケアを考えたほうがよいでしょう。

アロベビーミルクローションはシアバターも入っている保湿力がとても高いローションで、オーガニック、さらには低刺激と赤ちゃんには大変優しくなっています。

もちろん大人も使うことができますから、赤ちゃんと一緒に使うことができます。個人差や肌に合う合わないがありますから、パッチテストをしてから使うと安心できます。

スポンサーリンク

pick up

赤ちゃんの湿疹が増える時期に使いたいアロベビーミルクローション

赤ちゃんはつるつるの産毛も生えていないような、むきたまごのような毛穴レスの肌、この世で一番きれいな肌を持っている、と思っていたら、いつの間にか赤ちゃんがぶつぶつだらけに!?と仰天するママも多いでしょう。

実際肌荒れに悩むママや乳児湿疹でかゆみが出てくる赤ちゃんもいて、なかなか対処が難しくなります。そんな湿疹が増える時期とはいつなのでしょうか?

生後1か月が目安

出産してから1歳までの間、とくに3か月の頃に乳児湿疹にかかりやすいと言われています。首も座りかけ、安定したころだと言えます。

1歳になる頃には改善する可能性が高いのですが、1歳をすぎてもまだ乳児湿疹がある可能性があります。

夏や秋に産まれた赤ちゃんは特に皮脂の分泌が少なくなり、乾燥すると乳児湿疹になる可能性が高いと言えますから、夏秋に産まれた赤ちゃんには注意が必要となります。

通常対処法としてはステロイドが効果的であると使われています。

小児科医が定めた方法と量で、適切な処置をしていけば、じゅくじゅくの湿疹も、カサカサの湿疹も同時にケアしていけると言われています。

ステロイドは怖いから他に方法はないの?

しかしステロイドの副作用が気になる、というママは大変多いです。そんな時にはアロベビーミルクローションを使ってみましょう。

このアロベビーミルクローションを使うことによって、乳児湿疹が減った、なくなった、改善した、という声が続々寄せられています。

もちろん、このアロベビーミルクローションは薬ではありませんから、治療薬としては成り立ちません。

ですから、治療薬と合わせて、空気が乾燥するお肌がカサつく季節に赤ちゃんにたっぷり使ってあげて、治療薬もしっかりぬるようにしましょう。

あくまでもアロベビーミルクローションはサポートだと考えるのが良いです。魔法の薬ではありませんから、口コミのようにすぐに治った、というものでもないのです。

湿疹が増える夏秋にかけての赤ちゃんに対して、まず用意したいのがアロベビーミルクローションです。

アロベビーミルクローションは合わない場合も?中断すべき症状とは

アロベビーミルクローションの口コミや評判の中で、悪い口コミやレビューを探すのが大変なくらいにアロベビーミルクローションはママからの支持や評価が高い逸品でもあります。

それゆえに、敏感肌の赤ちゃんですらすべすべになったというのですから、なかなか悪い口コミや合わない、ということも見つけるのが難しいようです。

パッチテストでひっかかった

まず、パッチテストでひっかかった、というケースがあります。

アロベビーミルクローションが肌質に合わなかった例です。この場合、アロベビーミルクローションを使うのは中止したほうが良いでしょう。

というより、使ってはいけません。全身が火傷の様にただれてしまいますから、もってのほかです。

また敏感肌の赤ちゃんに対しては、赤く腫れてしまった、というものもあります。赤ちゃんでも敏感肌の赤ちゃんはたくさんいますので、個人差があって当たり前でしょう。この場合も使用を中断すべきでしょう。

植物のアレルギーがある場合がある

また、赤ちゃんなので分からないことが多いのですが、もしかするとその赤ちゃんには植物アレルギーがある可能性があります。

その場合、腫れたり、赤くなるという結果がパッチテストで出るので、使用を中断しましょう。

植物アレルギーの場合だと、どんな植物由来のローションを使っても難しいですから、考えものです。

しかもどの植物にアレルギーがあるのかまだ赤ちゃんのうちには分かりませんから、対処の使用がありません。

成長すれば植物アレルギーもなくなっていく可能性が高いので、将来の不安はないにしろ、赤ちゃんの間の保湿をどうしたら・・・?と思うママも多いでしょう。

この場合は皮膚科へ行って、適切なローションや保湿剤をもらってきたほうが安全ですし、安心できます。

敏感肌の赤ちゃんでもアロベビーミルクローションは使える、ということが多くなってきていますが、やはり合う、合わないというのは肌質に個人差がありますから、一概にこれがダメでこれは良い、と言えないのが赤ちゃんの未知数な部分なのでしょう。

ミルクローション

-スキンケア
-, ,