メディアスターズ

美容と健康でネットで話題になっている、気になる商品を紹介する、体験レビューや口コミを紹介していくネットメディア

生コラーゲン

年齢肌特有のしわやたるみへの生コラーゲンの効果について

生コラーゲンの保湿効果や美肌効果は非常に優れていることが分かりますが、実際に年齢肌の特徴でもあるしわやたるみに対する効果はどうなのでしょうか。

年齢肌が気になるからこそ知りたい、使ってみたい生コラーゲンの実態を見てみましょう。

シワやたるみ解消に大きく貢献

年齢によって肌の水分量が減り、さらに肌の土台であるコラーゲンが大幅に減ってしまうためにシワやたるみはできます。肌の内部でコラーゲンは作られているものの、年齢とともにその量はどんどん減っていき、さらに新陳代謝が低下、血行が悪化するのも大きな原因です。

実際にコラーゲンが失われていくのは20歳からですが、30歳近くなると減る量は一気に大きくなるのです。生コラーゲンは肌の内側にあるコラーゲンと同じ構造を持っていますので、失われていくコラーゲンを補うことができます。

もちろん老化は誰にでも起こることですから完全に止めることはできませんが、生コラーゲンを外部から補給することでスピードを弱めることはできるのです。

肌に負担がかからないから安心

生コラーゲンの構造が肌のコラーゲンと同じ三重らせん構造だからこそ、生コラーゲンは肌になじみやすくシワやたるみにも効果を発揮します。

構造が同じと言うことはそれだけ肌に負担をかけないということです。熱処理されたゼラチンや酵素分解された加水分解コラーゲンを使用している化粧品も多いですが、生コラーゲンの保湿力はその3~6倍もありますし、失われたコラーゲンの部分にしっかりフィットしますから長くとどまることができます。

生コラーゲンは分子量が大きいため肌に浸透しづらいと言われていましたが、現在は肌の内側に浸透しやすいナノカプセル化されたものがあり、そのままの形の生コラーゲンでもバリア機能をキープしてくれるので肌は老化スピードを遅くすることができるのです。

皮下注射に大きな効果

生コラーゲンでシワやたるみを予防、改善するにはスキンケア用品も役立ちますが、皮下注射も大きな効果を発揮します。

皮下注射を眉間や目元のちりめんジワ、口角の横にある小じわやほうれい線、目元のたるみなどに注射するとその部分で失われているコラーゲンを直接補うことができるので大きな効果が得られるのです。

生コラーゲンの皮下注射は3~6カ月ごとに定期的に受けなければなりませんが、即効性も高いため多くの女性が受けています。基礎化粧品の使用と併用することでよりシワやたるみへの効果が見られるという人もいるので、試してみる価値はあるでしょう。

-生コラーゲン
-,