メディアスターズ

美容と健康でネットで話題になっている、気になる商品を紹介する、体験レビューや口コミを紹介していくネットメディア

生コラーゲン

生コラーゲンでスキンケアを始めてどう変化した?口コミ情報まとめ

生コラーゲンが肌にいいと言っても、本当にいいのかどうかわからない、誇大広告ではないのかと思う方もいるでしょう。

では実際に生コラーゲン化粧品を試した方はどのような口コミを残しているのでしょうか、いい点も不満な点も見てみましょう。

生コラーゲン化粧品に満足している人

生コラーゲンのスキンケアをしてよかったという方は、本当に肌に潤いを実感することができた方です。

使い始めのころはわからなくても1週間も使えば肌が若返り、初めて会った人に実年齢よりも若く見られたのがうれしかったという声もあるほどです。

また化粧水の中にはとろみを持っているものもあるため、肌になじんでいく様子が実感できるという方もいます。

生コラーゲン化粧品に不満な人の口コミ

デリケートな化粧品が多く開封したら本当にはやめに使わなければいけないし保存が冷蔵庫など大変、という声が多く見られます。

また価格が一般的な基礎化粧品やコラーゲンを使用したスキンケア用品より高めなので、価格に不満を持っているという方もいます。

効果を実感できないという方も中にはいますし、肌に合わなかったという方もいますが、どんなに評価の高いスキンケア用品でも100人が使えば100人全員に同じ効果が現れるということはありませんからこれは致し方ない部分もあるでしょう。

たるみがひどくなったという方もいれば期待しすぎたという方もいますので、高揚感と現実のギャップに戸惑ったという声が目立つようです。

中立の口コミ

良くも悪くもないという方の声には、思ったほどよくも感じないけど悪くもないという方がほとんどです。

期待していたほど効果はなかったけれどこんなものだろう、という方もいるので、生コラーゲンの情報を見て期待しすぎた方が良くも悪くもないという声を残しているようです。

ところで生コラーゲンと言うと敏感肌やアトピー肌にも使えるという声がありますが、肌が弱い方からの評価はどうかと言うと、肌が柔らかくなったうえに乾燥が気にならなくなった、肌の調子が良くなりニキビができにくくなったという人が多く見られます。

もちろん商品によって相性がありますから、肌の状態がひどくなったという方もいればほかの化粧品と変わらないという声を残している人もいます。

また効果がなかった、トラブルがひどくなったという方の中には質の悪い生コラーゲンを使用した化粧品を使っている人もいるようですから、まずは化粧品選びから始めてみるといいでしょう。

生コラーゲンが特徴の化粧品を選ぶ場合にチェックしたい事とは

Medicine reserch

 

生コラーゲンの保湿効果の高さから、多くの化粧品が生コラーゲンを配合するようになりました。

しかし数が多すぎて何を選べばいいのか分からない、そんな方のために生コラーゲン化粧品の選び方をご紹介します。

浸透率をチェック

生コラーゲン化粧品を選ぶときの基本ともいえることですが、生コラーゲンはそのままでは分子が大きすぎて肌に浸透していきません。ですからナノ化されているものあるいはナノカプセルに包まれているものを選ぶようにしましょう。

生コラーゲンの浸透率が高ければ肌のバリア膜の隙間を通り抜けて肌の内側でしっかりと力を発揮してくれます。またこのとき高分子コラーゲンが一緒に配合されていると、アトピー肌や敏感肌、乾燥肌の方が悩むバリア機能の低下を改善することができます。

肌の内側の潤いを補給しても外に逃げたり、外から刺激を与えられては意味がありませんので、高分子コラーゲンが配合されていないかチェックしてみましょう。

良質なコラーゲンを選ぼう

化粧品に含まれるコラーゲンにはいくつか種類があり、人のコラーゲンと同じ3重らせん構造を持つ魚のうろこ由来の生コラーゲンや海洋性コラーゲン、豚や牛由来の動物性コラーゲンなどがあります。

多くの化粧品は魚のうろこ由来の生コラーゲンを使用しており、ウィルス感染チェックも行われているので安全性は高いですし質もいいのですが、中にはアレルギー反応が懸念される牛豚由来の生コラーゲンを使用しているものもあります。

海洋性コラーゲンは動物性コラーゲンに比べて安全性が高いと言われていますので、生コラーゲン化粧品を選ぶときは海洋性コラーゲンか、ウィルス感染チェックがきちんとされている生コラーゲンを使用しているものを選ぶといいでしょう。

続けやすいもの

生コラーゲン化粧品を1本使い切れば、もうスキンケアをしなくても皮脂汚れやメイク汚れに悩むことはないし水分が失われることもない、というものではありません。

年齢を重ねるごとに水分量が減り、コラーゲンの生成量が減るのは変わりありませんから、生コラーゲン化粧品の効果が実感できたらずっと使い続けられる価格のものを選びましょう。

肌の内側のコラーゲンを補い、水分保持量をキープしてあげること、さらにバリア機能をアップしてあげることで肌は強く若々しく、健康な状態へ変わっていきます。最高の状態を維持するためにも生コラーゲンはできるだけ使い続けるようにしましょう。

-生コラーゲン
-,