メディアスターズ

美容と健康でネットで話題になっている、気になる商品を紹介する、体験レビューや口コミを紹介していくネットメディア

生コラーゲン

湿疹やかぶれに悩んでいる人には生コラーゲンがおすすめな理由

肌が弱い方はちょっとした刺激でかぶれたり湿疹が出たりして困りますが、そんなときにも生コラーゲンが効果を発揮します。

ではなぜ生コラーゲンは、肌のかぶれ湿疹などの肌症状に効果を発揮するのでしょうか。

肌の乾燥を防いでバリア機能アップ

肌がかぶれ、湿疹が出てかゆみや痛みなど不快な症状を伴っているとき、肌は乾燥し外部刺激に弱くなっています。

細胞がはがれやすくなっていますのでその隙間から水分は逃げやすくなっていますし、肌の外から水分をどんどん補給しても細胞のはがれを治してあげなければ意味がありません。

生コラーゲンには一般的なコラーゲンのおよそ6倍の保湿作用があり、肌の内側に浸透すると水分と油分の重なり合いであるラメラ構造を修復しようとします。

そうすると肌は自らを守ろうとする力を蓄え、外に向かって発揮していきますからバリア機能がアップし、外部刺激に強くなるのです。

肌の修復作用

また生コラーゲンは肌の修復作用が高く、傷ついた細胞や肌を治そうとします。

肌が傷ついているということはそれだけ肌が弱っているということですから、ちょっとしたことでかぶれや湿疹が起こってしまいます。

かゆみが現れたときにかきむしってしまうと余計に肌は傷つきますし、そこにコラーゲンを補給してもダメージの大きさに対して修復が間に合いません。

生コラーゲンの保湿修復作用は一般のコラーゲンよりも高いため、肌を修復しながらかゆみを伴うかぶれや湿疹の諸症状を抑えていってくれるのです。

これは肌の内側にあるコラーゲンと同じ構造を持つ生コラーゲンだからできることで、構造を壊してしまった一般的なコラーゲンよりも十分な効果があると言えるでしょう。

ほかの成分と組み合わせて効果アップ

かぶれや湿疹には生コラーゲンだけではなくそのほかのビタミン、ミネラルなどの成分と組み合わせて摂取することでより高い効果を発揮します。

たとえば粘膜を丈夫にしてターンオーバーを正常化するビタミンA、肌の炎症を抑えるビタミンB、コラーゲンの吸収と生成をサポートするビタミンC、抗酸化作用のあるビタミンEをはじめ、肌細胞のつなぎ目となるセラミド、細胞膜を作るα-リノレン酸。細胞分裂を助ける亜鉛などです。

いずれも体の中には必要不可欠な成分で貯めておくことができない成分もありますし、コラーゲンを助けてくれる成分もありますので、生コラーゲンを摂取するときはこれらの成分が配合されていることもチェックしてみてください。

-生コラーゲン
-,