メディアスターズ

美容と健康でネットで話題になっている、気になる商品を紹介する、体験レビューや口コミを紹介していくネットメディア

生コラーゲン

飲むタイプの生コラーゲンがあるのは本当?ドリンクタイプの吸収力とは

生コラーゲンを肌に取り入れるには、塗るタイプだけではなく飲むタイプもあります。

液状のものもあればゼリー状のものや粉末や液体を溶かして飲むものもありますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

手軽に取ることができる

生コラーゲンのドリンクタイプは手軽に飲むことができるため気が付いた時にいつでも取ることができるということです。

一般的な化粧品は洗顔後のスキンケアだけなど使用するときが決まっていますし、肌を整えていないときに使用してもコラーゲンが肌の内側に浸透していきませんから意味がありません。

ですが飲むタイプの生コラーゲンは体の中から取り入れるものですから時間を気にする必要はありませんし、肌の状態にかかわらず気軽に摂取することができるのです。

ジュースやお茶代わりに飲むという方もいますし、食事前に飲むという方もいます。利用範囲の広い生コラーゲンドリンクは、忙しい女性にピッタリと言っても過言ではありません。

肌だけへの作用ではないのが魅力

生コラーゲンドリンクは口から直接飲むものですから肌だけではなくコラーゲンが存在する場所全体に作用します。

たとえば髪の毛のツヤを保ったり、関節のしなやかさや血管の柔らかさなどに関係しています。

骨にもコラーゲンがあり、骨折しづらい柔軟性を与えていますから生コラーゲンを口から摂取するというのは全身の健康補助のためにも大きく貢献するのです。

一般的な化粧品は肌を整えたり保湿したりするために使用しますから、その目的は完全に肌だけで内臓器官などには効果がありません。

つまり生コラーゲンドリンクは肌の健康だけに特化した一般的な化粧品と違い、全身を駆け巡って健康をサポートしてくれるのです。

デメリットもある

もちろん生コラーゲンはいいことばかりではなく、デメリットもあります。大きなデメリットは味が口に合わなければ飲みづらいということです。

生コラーゲンは口から飲むものですから味覚が大きくかかわってきます。最近はフルーツ味や黒糖味など美味しい生コラーゲンドリンクも増えてきましたが、製品により口に合わないものはどうしてもあるものです。

また生コラーゲンドリンクは毎日飲むことで効果を発揮しますし、1包1回分ですから一般的な化粧品に比べてコストがかかります。

こうしたデメリットを持っていてもなお、生コラーゲンドリンクは胃腸で消化吸収されればすぐに効果を発揮しますから効果を実感しやすいですし、手軽さもあり人気なのです。

-生コラーゲン
-