メディアスターズ

美容と健康でネットで話題になっている、気になる商品を紹介する、体験レビューや口コミを紹介していくネットメディア

生コラーゲン

赤ちゃんの肌にも生コラーゲンが使えるほど安全な理由とは

生コラーゲンは赤ちゃんの肌に使うこともできるほど安全と言われていますが、本当に誰が使っても問題ないのでしょうか。

赤ちゃんコラーゲンともいわれる生コラーゲンの安全性についてみてみましょう。

肌のコラーゲンと生コラーゲンが構造一緒

生コラーゲンが安全と言われているのは構造が肌の内側にあるコラーゲンと同じだからです。

一般的に化粧品に含まれるコラーゲンは加水分解コラーゲンあるいはゼラチンでその構造は肌の内側にあるコラーゲンと全く違います。というのも肌の内側にあるコラーゲンは3重らせん構造で、生コラーゲンと全く同じだからです。

通常のコラーゲンは分子が大きく肌の内側に浸透することができないため、加熱することでらせんを解いたゼラチンや、酵素などを加えて細かくした加水分解コラーゲンにしてしまっているのが現状です。

生コラーゲンは三重らせん構造ですから肌の内側に浸透し、肌になじみやすく、しかも肌の内側にあるものと同じですから副作用を引き起こすこともないのです。

コラーゲン自体が体の中にあり作りだされている

そもそもコラーゲンは体のあちらこちらにあるもので、その4割が皮膚に存在していると言われています。

皮膚だけではなく骨、軟骨、血管や内臓など様々な場所にコラーゲンは存在します。さらにこのコラーゲンは体の中で作られるものですから、外から生コラーゲンを補給して悪さをすることはないのです。

コラーゲンの生成量は年齢や外部刺激などの要因によってどんどん減っていきますから、保湿を気にする女性が生産量の減ったコラーゲンを補おうと生コラーゲンを使用すれば肌の状態が維持あるいは老化を遅らせることができるのは言うまでもありません。

質の悪いコラーゲンに注意

生コラーゲンが肌にいいと言っても化学物質などを使用して作られたコラーゲンは質が悪いです。

質の悪いコラーゲンの何が悪いかと言うと肌が敏感に反応して発疹やかゆみなどのアレルギー反応を起こしたり、肌荒れが起こったりするのです。化粧品を選ぶときは質の悪いコラーゲンを選ばないように十分注意しましょう。

魚や植物由来のコラーゲンは天然成分から作られていますので肌に優しいですし、何も手を加えていない三重らせん構造の生コラーゲンならより高い保湿効果を発揮します。

生コラーゲンと書かれているものの中にも質の悪いものもありますから注意は必要ですし、主成分が何かしっかり見極めてから生コラーゲンを安心して使用するようにしましょう。

-生コラーゲン
-,