メディアスターズ

美容と健康でネットで話題になっている、気になる商品を紹介する、体験レビューや口コミを紹介していくネットメディア

スキンケア

クレアフォートは脇以外の黒ずみ沈着にも効果はあるの?

クレアフォートはワキに特化した美白アイテムなの?と懸念してしまうくらい、ワキに効果があったよ!という口コミやレビューが大変多いです。

しかし、ワキも黒ずみが気になるけど、もっと肘や特に膝など黒ずみが気になる・・・という女性も多いでしょう。クレアフォートはワキ以外には黒ずみに効果がないのでしょうか?

crea3

肘や膝にも使える

10代や20代で、ひざ下が黒ずんでいるのはとても恥ずかしい・・・と感じている女子も中にはたくさんいます。

運動、部活などで黒ずみが生じるケースもありますし、体質的なものもあります。そんな黒ずみにクレアフォートは効果を発揮してくれます。肘や膝下など、黒ずみが気になる部分全てにクレアフォートは効果を出してくれるので、安心しましょう。

ワキケアもしたい、だけど他の部分もケアしたい、そんな贅沢な望みをかなえてくれるのがクレアフォートなのです。

デリケートゾーンに使いたい!

女子の最も気になる点と言えば、デリケートゾーンの黒ずみです。

何もしていないのに色素沈着、黒ずみが発生しているデリケートゾーン。実はしっかりと理由があったのです。それは蒸れやキツイ下着の締め付け、圧迫や摩擦などによるものです。

改善というよりは、現状維持したいのであれば、綿やシルクなど、自然素材を使った下着に変えることが一番です。

しかし美白したい、黒ずみをなくしたい、という場合、クレアフォートを使っても問題ありません。

クレアフォートは敏感肌の女性でもアトピー肌でも、トラブルを抱えた肌でも使えるようにマイルドな処方となっています。

1日2日で即効性のある黒ずみ対策ではないですが、クレアフォートを続けることによって徐々にデリケートゾーンの黒ずみも解決していくことができます。

パートナーにすら見られたくない・・・と思っているデリケートゾーンがキレイになるのは、自分自身嬉しいですし、自信にも繋がります。

ワキだけでなく、多くの箇所をケアすることができるクレアフォートは1つもっていると大変心強いです。

こんな悩みを持つ人たちがクレアフォートを使用

ワキのムダ毛を一生懸命ケアしていたら、いつの間にか色素沈着のようにシミのようになってしまって・・・、ワキが黒ずんでしまった・・・。デリケートゾーンがなんだか黒ずんでいる気がする・・・。

などなど、女性には悩みがつきものです。男性なら、シミや黒ずみがあってもそれほど気にしないのでしょうが、女性は自分の体にはそれこそ慎重になるものです。

そんな女性がクレアフォートを使うといいます。クレアフォートを使えばどんなことが起きるのでしょうか?

肌ダメージによってメラニン色素が沈着する

肌に刺激が加わると、体は防御するようにできていますから、カミソリなどでワキのムダ毛処理をしていると、刺激になりますし、こすれる衣服によっても摩擦で刺激となって黒ずみが生じます。

もともとムダ毛と呼ばれる毛は、このような摩擦から肌を守るためにあったのですが、ムダ毛と呼ばれ、ケアされてしまってから、デリケートな肌部分が露出して、黒ずみが出来てしまう、というケースが殆どなのです。

脱毛してからワキの下にシミができた人は脱毛の刺激によって色素沈着が起きたと考えられます。

汚れによっても黒ずむ

また黒ずみの中でも汚れ、皮脂や古い角質などで黒ずみが起こる可能性もあります。

ニキビが多くできる人は、古い角質が貯まりやすくなっていますから、毛穴を塞いでしまい、そのまま黒ずみとなってしまうのです。

そんな黒ずみへの悩みを持った女性がクレアフォートを使いたい、使っていると言えます。

年齢的には若い子から年齢を重ねた人まで様々で、色々な理由によって使っていますが、たいていはワキ、デリケートゾーンなどをケアするために使っているといってもよいでしょう。

肘や膝などに黒ずみがあって、それが気になってスカートがはけない、肘が気になる・・・という人も、クレアフォートを使っていることが多いのです。

意外にも、ワキ以外にも多くの場所に使えるクレアフォートはかなりコストパフォーマンスがよいと言えます。

-スキンケア
-, ,