メディアスターズ

美容と健康でネットで話題になっている、気になる商品を紹介する、体験レビューや口コミを紹介していくネットメディア

生活雑貨

冬の寒さによる睡眠障害は湯たんぽで解決しよう

私はかなりの冷え性です。冬はつらくて堪りません。寝るときも布団に入っても、体の冷えでなかなか寝付くことが出来ません。そこで私が愛用しているのがゴム製の湯たんぽです。

以前は電気あんかを利用していましたが、温度調節が難しく、汗をかいてしまったり、長時間利用すると体がだるくなったりお肌が乾燥してしまったりしていました。でも湯たんぽの温かさは、電気の温かさと違い、体を温めるのに熱すぎず、体がだるくなったり乾燥したりしないので、お気に入りです。そしてとてもエコです。人にも地球にも優しい。中に入れたお湯は、朝になってもほんのり温かいので、それで顔を洗うことも出来ます。

でも、ポリやアルミの固いゆたんぽは布団の中に入れると足に当たって違和感があり、いつもいつの間にか布団の外にでてしまっていました。それに家の中で使うには良いのですが、家の外、例えば仕事場に持って行きたいと思っても、大きくて荷物になります。

その点ゴム製の湯たんぽは、ソフトなので使い心地も快適です。お腹の上に載せてもぴったりと寄り添ってくれます。布団の中でも違和感なく使えるので、朝まで布団を温めてくれています。

そしてお湯を捨てるとぺったんこになるので、家の外にももって行きやすいです。車の中で運転中にお腹の上にのせたり、仕事場で椅子の背もたれに置いて背中を温めたり、家の外でも大活躍です。

最近はカバーがとても可愛くオシャレなものもたくさんあります。気分に合わせてカバーを変えることもできますし、家の外で使っても違和感なくオシャレに使えます。

他に湯たんぽを購入したきっかけは、冬の寒さによる睡眠障害を何とかしたいと思ったからです。湯たんぽを使用する以前は、就寝時に布団に入っても寒さのためなかなか寝付くことができませんでした。掛け布団や靴下を何枚も重ねても冷えを解消することができず歯痒い思いをしていました。

そこで、以前から噂に聞いていた湯たんぽを購入することに決めたのです。まさしく藁にもすがる思いで使用したのですが、予想以上の効果を生み出してくれました。熱湯を入れた湯たんぽにタオルを巻いて布団の中に入れたのですがとにかく暖かいです。置き場所は足の周辺ですが、その熱が布団全体まで伝わり体の隅々まで暖めることができているのです。湯たんぽのおかげで今では、冬でもぐっすり眠ることができ、寒さに対して抱いていた嫌な気持ちも和らいでいます。

そして、湯たんぽの利用価値は就寝時だけではありません。実は電気こたつの中に入れるのにもお勧めです。こうすると電気こたつの電源を入れる必要なく暖めることができるのです。電気代を削減でき家計の手助けにもなります。

このように広い目で見れば湯たんぽは地球に優しい防寒グッズともいえます。材質にはプラスッチクや陶器などいろいろありますが、私は環境問題も考慮して土で作られている陶器製を使用しています。少々重いのが難点ですが運動不足解消に繋がると思えば苦にならないでしょう。

このようにメリットだらけの湯たんぽ、一回も使ったことのない人には是非一度試してほしいです。

人気の湯たんぽの売れ筋をチェックする

-生活雑貨
-