メディアスターズ

美容と健康でネットで話題になっている、気になる商品を紹介する、体験レビューや口コミを紹介していくネットメディア

お取り寄せ食材

マグロ食べてます?通販でお取り寄せできる3大マグロの特徴!

maguro

魚の王様と呼ぶにふさわしいマグロ

大の魚好きの私GKは定期的に魚を通販でお取り寄せして食べていたりします。

そのなかでもマグロは種類が豊富で色々楽しめる食材。マグロといえば海のダイヤとも言われる高級な黒マグロが思い浮かびますが、実は黒マグロだけではなく美味しいマグロがあります。

今日は日本国内で流通しているマグロについて書いてみたいと思います。

まずはクロマグロ。本マグロともいわれるマグロの中でも最も大きくなる海のダイヤ。日本沿岸を回遊ルートにしている為、全国で水揚げされますが良い漁場は決まっています。青森県「大間のマグロ」が有名で、時には1億円を超える固体も水揚げされるので見ているだけでもワクワクです。濃厚な脂と締まった赤身はまさに絶品。オオトロは手が出ないにしてもその他の部位でも一線を画す格の違いがあります。

一方スーパーなどで売られていることの多いものにはまた別の種類のものが多く、「メバチマグロ」「ビンチョウマグロ」というものがいます。

メバチは目が大きくて深海を泳ぐマグロ。流通量が多く、バチトロなどとしてお馴染みのネタです。味そのものはクロマグロとさほど変わらないという意見が多く、通の間では人気。クロマグロはその希少性の高さで価格が高騰しているが、低価格で美味しいマグロといえばメバチではないかと思う。

ビンチョウマグロ(ビンナガマグロ)は南洋系のマグロで、遠洋漁業の対象です。ビン(胸ヒレ)がトビウオのように長く出ているのが特徴で、変わった風貌をしています。我々消費者がその姿を見ることは無いのですが、おすし屋さんなどでも良く見かけるもので、ビントロとか売られています。

ここまでが一般に3大マグロとして刺身として多く流通していておすし屋さんのネタとして食べる機会が多いですね。

もう1匹流通量の多いものとしてはキハダと言う種類がいます。キハダマグロは普通のマグロよりも、肌が黄色身を帯びているのが名前の由来。クロマグロほど大きくならず、2、3メートル程のマグロです。味はやや劣ると言われ、スーパーで売ってるものはほとんどがこれ。このキハダにはトロとなる部分が存在せず、ツナなどの缶詰としても使われます。

もともとマグロって価値の無い魚だったのが、冷凍保存技術の進化で一気に価値が上がった魚です。江戸時代まではイワシとかと同じ扱いだったとか。それが今ではダイヤモンドに化けるというから分からないものです。

同じように流通はしていないけど、ふとした切欠で人気が爆発する魚ってたくさんいそうですね。

実はネットの通販ではあまりスーパーで見ないようなマイナーな魚も手に入るので、気が向いたら色々調べてみると今まで見過ごしていた美味しい魚に巡り会うことができるかもしれませんよ。

-お取り寄せ食材
-