メディアスターズ

美容と健康でネットで話題になっている、気になる商品を紹介する、体験レビューや口コミを紹介していくネットメディア

生活全般コラム一覧

おしゃれな防寒防水ブーツ選び!選ぶポイントは3つ!冬に備えて売り切れ注意

防寒・防水機能のあるブーツを選ぶ際のポイントについて紹介したいと思います。

防寒・防水ブーツといえばライダー用や釣り用が思い浮かびますが、普段の生活でも活用できる冬の必須アイテムとして購入する人が増えていますね。

きっかけとなったのはやはり昨年の都心での突然の大雪。

雪国と違って用意をしていなかった人はことごとくすべり倒し、怪我する人やひどいと頭の骨を折るなど大怪我する人が続出!

雪や凍った路面に対する防衛意識が一気に高まりました。

そこで活躍してくれるのが、防寒・防水ブーツというわけです。

まずはブーツとしての特徴を押さえておきましょう。

ポイントその1 靴底のグリップにこだわる

ブーツは普通の靴と違い、靴底を厚めにとっても違和感を感じさせないデザインにできることが多いです。

そのため靴底のグリップ力を大きく高めることができ、滑りにくさを重視したものを選ぶようにします。

中には防寒機能だけに特化し、すべり対策はあまりとられていないものもあります。説明やレビューなどを見ると分かりますので、デザインだけにとらわれないようにしましょう。

ポイントその2 モコモコで履けない事もある?

防寒ブーツですと、靴の中は保温機能を高めるための工夫が凝らしてあるものが多数あります。

ブーツの中がモコモコのファーなどで加工されている場合には、普段の適正サイズで足が合わないことがあるので注意。

あまりに大きすぎてはダメですが、履くときに苦労したり合わずに履けなかったという声を聞くことがありますね。

ブーツの特徴を良く見て、普通にはけるタイプなのかをチェックしておきましょう。

ポイント3 デザイン

やはり選ぶ時には見た目も重視したい部分。

総じて見た目重視の場合にはオシャレな縫い目が施してあったりしますが、防水性能に劣る場合もあるので注意。

長時間水にさらされると縫い目から浸水することもあります。また、革製品は注意するようにしましょう。本皮は防水性能は高い傾向にありますが、同じく縫い目や塩分が浮いて白くなったりするので注意。

デザインで選ぶのか機能で選ぶのかを良く考えて買うようにしましょう。

個人的にはオシャレで普段使いで履けるものが一足有り、一応いざという時のグリップも高いものを買っています。

それにプラスして見た目無視のごついやつ(つり用)を一足持っていてどうしようもない天候の時や旅先用にと使い分けています。

ブーツは以外に履けるシーンはたくさんあるので、持っておいていいアイテムだと思いますよ。

-生活全般コラム一覧
-,